2009年9月6日

これこそ貴族鍋の真骨頂〜!

ええっと、取り急ぎ貴族な晩餐だけでも・・・。(アセアセ)

っで、今回は鯵タタキ鍋を作ってみました。 スーパーで鯵が安かったんで〜。
ところで、こういった特化した鍋って、一人鍋だからできる醍醐味だったりするんだよね。 前回↓で作った『茄子のか焼き』なんかもそうだけど、家族で〜っていうワケには、なかなかいかなかったりする。 ある意味とても贅沢な鍋だったりもするんだよね。 まさに貴族鍋〜♪(w

っで、そんなことを踏まえて、生粋の呑み助らしい鍋を作ってみた。


鯵を捌いて細かく包丁で叩いて、すり鉢で軽く摺ってみた。 味付けは塩のみで、摺った生姜とネギ、そして繋ぎに卵白と片栗粉を入れてだけのシンプルな味わいに。(ネギの代わりに大葉シソの刻んだのを入れても旨いだろうね) 


そして、具は白ネギのみ! ここが呑み助らしい拘りと潔さだったりする。(ホンマかい?・w)


そして、鍋ができるまでの一品として作ったというか、タタキにする鯵をちょっと間引いて鯵のお刺身にしてみた〜♪
これを肴にビールを呑み〜 サッカーを観ながら〜 たまに鍋の様子を見ながら〜 貴族の至福の時を過ごすのであった〜! 貴族バンザイ〜!!ww


さて、鍋が出来上がった〜♪ 出汁はいつもの昆布と鰹や煮干とアゴから取った出汁に、いつもより薄味のお吸物よりちょっと濃いめぐらいの味付けしてみた。


いやぁ〜、いいダシが鯵から滲み出ている。 生姜が上手く生臭さを消してくれて、とてもいい香りが鼻を抜ける。


あ・あかん・・・マジにウマウマやわぁ〜♪


ところで、最高にイイ出汁が抽出されたので、〆はうどん!っと決め込んでたのであるが、あまりにも鍋が旨過ぎたのでビールが進むススム君だったのでお腹がいっぱいに・・・。(汗)
ってことで、惜しみながら出汁だけでも呑むイジマしいオイラ。



【自画自賛数】★★★☆

2 件のコメント:

minoru さんのコメント...

近頃お休みで用事が無いと、午後から飲む様になってしまった。
未だ見ていなかったDVDを見たり、眠くなったら午睡したりで、それはそれで体が休まるのだけど、なんかねぇー。

昨日も鮎釣りって選択もありましたが、釣れそうにも無い川の様子では、お金出して体力使って出かける気にもなりません。
鮎が終わったら、雑魚釣りにでも出よう。
海釣りはその後。何せ、使う金額が違います。

daioh さんのコメント...

@minoruさん
まさに「呑まなきゃやってられっかー!」ってことでしょうか~!?(w

やっぱり、ここは釣りは釣りでも刺激を求めて都会の魚を釣りに行くってのは? えっ?もう卒業しました?(現役引退?!)